QUALITY安心の品質 ゼスプリシステム

ゼスプリでは、農園から店頭までを一貫した厳しい基準で管理し、
安心でおいしいキウイを日本の食卓にお届けしています。
ゼスプリでは、農園から店頭までを一貫した
厳しい基準で管理し、安心でおいしいキウイを
日本の食卓にお届けしています

農園から食卓までしっかり管理する
ゼスプリ・システム

果樹園

栽培に適しているだけでなく、微生物が多く環境に良い土作りを実践。定期的にサンプルを採取して状態を管理しています。

栽培

肥料の種類や量を細かく記録。枝のせん定や摘果といった栽培方法も細かく定められています。農薬は、どうしても必要な場合にのみ、必要な区画に最小限の量を専門スタッフが散布します。

収穫

収穫時期になると監査員がサンプルを採取し、味、糖度、成熟度などの品質検査を実施。 OKが出ると収穫を開始します。

キウイフルーツは樹上で完熟しないため、グリーンキウイは主に糖度、ゴールドキウイは主に果肉の色で収穫基準を判断します。

キウイフルーツはすべて、1個ずつ手作業で収穫されます。

残留農薬検査

ニュージーランド農業省監督のもと、公的な試験機関が無作為にキウイフルーツを抜き取り、残留農薬の抜き打ち検査が実施されます。

パッキング

果樹園から運ばれたキウイフルーツは、選果場で品質をチェックし、ひとつずつフルーツラベルを貼り付けます。その後、品種やサイズごとに箱詰めされます。

トレーサビリティ

すべての箱には、生産者名、果樹園、種類、サイズ、選果場の名前といった情報を記載したバーコードが貼り付けられます。

日本に届くキウイも、バーコードを読み込めば、どの果樹園のどの区画で収穫されたかまで追跡できます。

貯蔵

箱詰めされたキウイフルーツは、厳しい品質基準による管理のもと、最新の貯蔵技術で保管されます。出庫の際も選果場で品質検査を実施します。

輸出検査・出国

ニュージーランド政府の検査を受けた後、日本への輸出が認められたキウイフルーツは、温度管理された保冷船で日本に向けて出航します。

輸入検査

日本にキウイフルーツが到着すると、農林水産省の植物防疫法に基づく病害虫の検査と、厚生労働省の食品衛生法に基づく検査等が行われます。

追熟

輸入手続きが完了すると港の保冷倉庫で保管。キウイフルーツの状態や、店頭に並ぶタイミングから逆算し、専用の追熟倉庫にてエチレンによる追熟を施します。

店頭

数日間で食べられるように、食べ頃に調整したキウイフルーツが店頭に並びます。

食卓へ

こうして、ニュージーランドの雄大な果樹園から、おいしいキウイフルーツが日本の食卓に届きます。


おすすめキーワード: