BRAND HISTORYキウイとゼスプリの歴史

およそ100年前に中国からニュージーランドに持ち込まれ、
その歴史をスタートしたキウイフルーツ。
そんなキウイとゼスプリの歴史を
ご紹介します。

1904

ニュージーランドに上陸

ニュージーランド北島の西海岸にあるワンガヌイ女子高校の校長イザベル・フレイザーが、中国の揚子江を約1600kmさかのぼった宜昌(イーチャン)にあるキリスト教伝道所から、「ヤンタオ」という果物の種子をニュージーランドに持ち帰りました。その種子を植物学者のアレキサンダー・アリソンに渡し栽培を依頼。アリソン氏はワンガヌイの地元農地で同種子の栽培を開始しました。

1910年には、ニュージーランド初のキウイフルーツとなる、「チャイニーズ・グーズベリー」と呼ばれるスグリの一種が、ワンガヌイの南部にあるアレクサンダー・アリソンの所有地で実ったという記録が残されています。

1924

グリーンの品種が誕生

オークランドの種苗生産業者、ヘイワード・ライトが、グリーンの果肉のチャイニーズ・グーズベリーを開発しました。これが現在、最も一般的に栽培され、世界中で食べられている果肉が緑色のキウイフルーツです。ヘイワードの功績をたたえ、彼の名前を冠した「ヘイワード・キウイフルーツ」の名で呼ばれるようになりました。

1937

本格的な商用栽培がスタート

「キウイフルーツ産業の父」と呼ばれるジム・マクローリンがチャイニーズ・グーズベリーの可能性を見いだし、商用栽培をスタートします。500~600箱のキウイフルーツを販売、ニュージーランドにいたアメリカ軍人の間で人気のある果物になりました。

1952

イギリスへ向けて初の国外輸出

マクローリンは、市場の拡大には輸出が必要だと考え、ニュージーランドフルーツ連盟に訴えかけて承認を獲得。

1952年にマクローリンとグラハム・ベイリスは、初めてイギリスへ13トンのチャイニーズ・グーズベリーを輸出しました。ニュージーランド国内でも高値で取引されていたため、急速に輸出量が伸びることはありませんでした。

1959

メロネッテ改め「キウイフルーツ」誕生

オークランドに本社を置く果実卸売会社、ターナーズ・アンド・グロワーズが、このチャイニーズ・グーズベリーの果実を「メロネッテ」と名付け、カリフォルニア州サンフランシスコに送りました。

しかし当時は、メロンとベリーに高い輸入関税が課せられていたことを知り、メロンを連想させる「メロネッテ」を変更。柔毛状の皮を持った果実がニュージーランドの国鳥であるキウイに似ていることから、親しみやすい「キウイフルーツ」という名前になりました。

1962

アメリカ・カナダ市場を開拓

フリーダ社のフリーダ・キャプランとオッペンハイマーグループが、アメリカとカナダでキウイフルーツ市場を開拓。

1970年にはアメリカのカリフォルニアで初めてキウイフルーツの収穫に成功します。キウイフルーツはフランス料理のヌーベルキュイジーヌの高級食材として世界的な人気を博しました。

1988

ゼスプリの前身が設立

1980年代後半になると、キウイの輸出業者が増え、価格競争が始まりました。そこで生産者は窓口の一本化を計画。運営・マーケティング組織であるニュージーランド・キウイフルーツ・マーケティングボード(NZKMB)を設立しました。

1997

ブランドネームは「ゼスプリ」

NZKMBはニュージーランドのキウイフルーツにブランドネームとして「ゼスプリ」と命名。「鮮やかで、元気で、健康的で、栄養分が高く、活気があり、風味がよく、喜びとエネルギーにあふれている」というキウイフルーツのイメージを、情熱をあらわすzestと、精神をあらわすspiritを組み合わせた「ゼスプリ」という造語で表現しました。

日本事務所の名前も「ゼスプリ インターナショナル(ジャパン) リミテッド」となりました。

1999

ゴールドキウイ誕生

ゼスプリ インターナショナルは、トロピカルな甘さの黄色い果肉を持つゼスプリ・ゴールドキウイの品種を世界中に紹介。

同時にグリーンの果肉を持つヘイワード・キウイフルーツをゼスプリ・グリーンキウイへと商標変更しました。キウイフルーツ産業をブランディング、マーケティング、品質等を重要視する、グローバル・ビジネスへと展開する基盤を整えました。

2000

キウイの日制定

ゼスプリ・インターナショナルが法人化。ゴールドキウイの本格的な販売もスタートしました。

さらにこの年、9月1日が「キウイの日」として正式に登録されました。

2003

国産のゼスプリが初出荷

日本で初めて国産のゼスプリ・ゴールドキウイ(愛媛産)が収穫され、市場へ出荷されました。

2006

ゼスプリ インターナショナル ジャパンに社名変更

日本法人となり、社名をゼスプリ インターナショナル ジャパン株式会社に変更しました。

またこの年、ニュージーランドのキウイフルーツ業界が100周年を迎えました。

2012

サンゴールドとスイートグリーンが誕生

次世代品種ゼスプリ・サンゴールドキウイ、ゼスプリ・スウィート・グリーンキウイが販売開始。

2016

キウイブラザーズ登場

ゼスプリの公式キャラクター、キウイブラザーズ登場!キウイのおいしさを日本の皆様に伝えるために、ニュージーランドからやってきました。

国産のサンゴールドキウイが初出荷

愛媛県、宮崎県の契約農家で育てた国産のサンゴールドキウイがはじめて出荷されました。


おすすめキーワード: